脳梗塞・脳出血などの後遺症、
どこまで改善するか
プロがお伝えします。

どれくらい改善する?
いつまでに改善する?

初回カウンセリング付き特別プログラム体験

 1回2時間5,000(税抜)

カウンセリング結果を
お渡しします!

脳梗塞リハビリセンターとは?

片麻痺など脳梗塞・脳出血の後遺症を徹底的に改善することを狙う、従来にはない保険外のリハビリテーションサービスを提供する施設です。

対象となる方

  • 脳血管疾患を中心に、脊髄損傷、パーキンソン病などの後遺症
  • 脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)を中心とした後遺症
  • 退院直後から発症後長期経過の方まで
  • 重度の方から、比較的軽度の方まで
  • あらゆる年代性別の方
  • デイサービス、訪問リハビリなど介護リハビリの効果を最大化させたい方

症状例

右片麻痺、左片麻痺、半身麻痺、両麻痺、拘縮、痙縮、しびれ、めまい、痛み、感覚障害、失語症、構音障害、失行、失認、注意障害、高次脳機能障害、意識障害など

例えばこんなお悩み・
ご希望
をもった方が
当センターを
ご利用いただいています。

  • 退院後の
    リハビリが
    不安
  • 職場復帰
    のための
    リハビリが
    したい
  • 歩行機能を
    改善したい
  • 車いす・
    装具・杖から
    卒業したい
  • 家族が
    引きこもりに
    ならないか
    心配
  • 手指の
    リハビリは
    難しいと
    言われたが
    諦められない
  • コミュニ
    ケーションを
    とれるように
    なりたい
  • デイサービス
    や訪問リハビリ
    よりもっと
    改善したい
  • 趣味や食事
    など
    人生をもっと
    楽しみたい
脳梗塞リハビリセンターが
実現したいこと

脳梗塞リハビリセンターの
リハビリは
費用対効果が高い理由

1

圧倒的な改善実績

60日改善リハビリ
実施後

  • 改善率81%
  • 改善
    実感率77%
※日本脳卒中学会発表「生活期にある脳卒中患者に対する鍼灸とリハビリテーションの効果の検証」より

開設から4年以上、当センターのリハビリをご利用いただいた方の、8割を超える方に改善がみられています。保険外(自費)のリハビリ施設がほとんど存在していなかった中で積み重ねてきた実績に自信があります。

2

60日間のリハビリで
改善目標をコミット

60日改善リハビリ

返金実績
0.012%

※2018年5月現在

当センターでのリハビリプランは、60日間でのリハビリで改善目標達成にコミットさせていただいていますが、ご満足いただけず返金になったケースはほぼありません。

3

病院やケアマネージャーからも
認められるリハビリの質と量

  • 脳卒中専門家数70人以上
  • 脳卒中リハビリ実績40,000回以上
  • リハビリ量13
※当社デイサービス比

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、鍼灸師をはじめ、およそ70人の脳卒中専門家による施術回数は4万件以上になります。
デイサービスの13倍にも上るパーソナルリハビリ量とともに、改善を実現するための高い質をともなったリハビリサービスを提供しています。

4

ご家族も含めた徹底サポート

ご家族のサポート実績
およそ1,000世帯

※2018年5月現在

後遺症にお悩みの方は、後遺症をもつご本人さまだけではなく、ご家族の方も生活上のお悩みを多く抱えているのではないでしょうか。
私たちは、ご家族の方のご希望も丁寧にヒアリングを行い、ご家族の希望を踏まえたリハビリ計画をご提案させていただいております。

費用対効果が高い
リハビリの理由を知る

ご利用実績・お客様の声

私たちの実績は、ご利用者様からの
信頼で成り立っています。

インタビュー

ご利用者さまのインタビューです。発症から退院を経て当センターでリハビリするに至った経緯や、どのような改善を感じたかについてお話いただきました。

インタビュー一覧

改善症例

どのような後遺症・症状の方
どのような目標でリハビリを行い
どの程度改善を果たしたか

ご利用者様の改善症例について詳細なレポートを掲載しています。後遺症の種類や粘弾、発症からの期間、改善内容、リハビリ期間などとともに、担当の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の所見をまとめております。

改善症例一覧

ご利用者さまデータ

当センターのご利用者様の属性など、さまざまな情報を掲載しています。

詳細を知る

施設一覧

1都3県で10施設。
近隣にお住まいの方だけでなく
全国の方々にご利用いただいています。

脳梗塞リハビリセンター新宿

東京都 / 新宿区

最寄り駅東京メトロ 新宿三丁目駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター池袋

東京都 / 豊島区

最寄り駅JR 池袋駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター赤坂

東京都 / 港区

最寄り駅東京メトロ 溜池山王駅
東京メトロ 赤坂駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター本郷

東京都 / 文京区

最寄り駅東京メトロ・都営地下鉄大江戸線 本郷三丁目駅
JR・東京メトロ 御茶ノ水駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター田町・三田

東京都 / 港区

最寄り駅JR 田町駅
都営三田線・都営浅草線 三田駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター用賀

東京都 / 世田谷区

最寄り駅東急田園都市線 用賀駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター立川

東京都 / 立川市

最寄り駅JR 立川駅
多摩モノレール 立川南駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター川崎

神奈川県 / 川崎市

最寄り駅JR 川崎駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター大宮

埼玉県 / さいたま市

最寄り駅JR・東武野田線 大宮駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター西船橋

千葉県 / 船橋市

最寄り駅JR・東京メトロ 西船橋駅
京成電鉄本線 京成西船駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター新潟

新潟県 / 新潟市

最寄り駅JR 新潟駅

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンター熊本

熊本県 / 熊本市

最寄り駅JR 熊本駅・新水前寺駅

詳細を知る
施設一覧

継続して通えるお近くの施設が
ない方には、下記のサービスを
お勧めしています。

ホテルや介護施設に宿泊して
短期間みっちりリハビリをしたい

短期集中リハビリプラン

短期集中リハビリプランのイメージ画像

施設内など限られたところで歩行できたとしても、一歩外に出ると「段差が超えられない」「信号機を渡り切れない」「財布からお金を取り出せない」などの困難があります。
当センターでは、実際の生活場面に適応するための外出リハビリをオプションで提供しています(川崎センターのみ)。

詳細を知る スマートフォン、タブレットを用いて
オンラインで自宅リハビリを徹底指導

オンライン『リハビリコーチ』

オンライン『リハビリコーチ』のイメージ画像

iPhone、iPadのビデオチャットを用いて、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士があなたの自主リハビリを徹底サポートするサービスです。

※利用にはアプリのダウンロードが必要です。 詳細を知る

医師・専門家の推薦

脳梗塞リハビリセンターについて、医療業界を中心にさまざまな方面でご活躍されている有識者の方々からいただいた声を掲載しております。

医学博士来栖 宏二のプロフィール写真

アゼリーグループ・医療法人社団東京平成会 理事長 医学博士 来栖 宏二

穐山富太郎名誉教授のプロフィール写真

長崎大学 名誉教授
長崎市障害福祉センター長
医学博士穐山 富太郎 名誉教授

久住英二理事長のプロフィール写真

医療法人社団 鉄医会 理事長
医療ガバナンス学会 理事長久住 英二 理事長

医学博士上昌広のプロフィール写真

特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
星槎大学共生科学部客員教授 医学博士 上 昌広

詳細を知る

私たちにお任せください!脳梗塞・脳出血の専門家による
完全マンツーマンリハビリ

ご本人・ご家族の
お悩みに丁寧に寄り添い
徹底的にリハビリをサポートします。

脳梗塞・脳出血などの後遺症、
どこまで改善するか
プロがお伝えします。

どれくらい改善する?
いつまでに改善する?

初回カウンセリング付き特別プログラム体験

 1回2時間5,000(税抜)

カウンセリング結果を
お渡しします!

ご家族のみなさまへ

脳梗塞患者さまのご家族の方に知っていただきたい情報をまとめました。

ご家族のみなさまへ
詳細を知る

運営会社

脳梗塞リハビリセンターは、退院後、脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症でお悩みの方にリハビリの機会を提供するべく、株式会社ワイズにより設立されました。

株式会社ワイズのロゴ 詳細を知る

意外と知らない、鍼灸の効果

鍼灸治療は、世界保健機関(WHO)からさまざまな症状に効果があると認められています。 意外と知らない鍼灸治療についてご紹介いたします。

詳細を知る

脳梗塞リハビリセンターについて

脳梗塞リハビリセンターは、株式会社ワイズが主催し、NPO法人脳梗塞リハビリ研究会と共同企画で運営されている施設です。

当センターは、脳血管障害、具体的には脳卒中、脳梗塞、脳出血(脳溢血)による運動麻痺、手足の麻痺、高次脳機能障害にお悩みの方々に対し、世界保健機関(WHO)でも脳卒中後遺症に対する効果が認められ、各国立大学病院などでも実践が少しずつ進められている鍼灸を中心にした多角的アプローチも取り入れた、病院やデイサービスとは異なる全く新しいリハビリテーションサービスを提供する施設です。

脳卒中の1種である脳梗塞を発症する方、そして後遺症により介護が必要になる方は、高齢化にともない年々増加しています。しかし、病院でのリハビリは、脳血管障害では150日、高次脳機能障害を伴った重篤な脳血管障害では180日までと制限されているにもかかわらず、退院後の後遺症に対する本格的なリハビリテーションサービスはほとんど存在していないのが現状です。

その結果、退院後も片麻痺、半身麻痺などの運動麻痺・手足の機能に生じる後遺症苦しみながらもリハビリを受けることなく生活を続けている「リハビリ難民」とも言える方々が日本には満ち溢れているのです。

脳梗塞リハビリセンターは、そのような日本社会の抱える問題に取り組むべく開設されました。鍼灸治療をはじめ、リハビリの専門家である理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)による施術やデイサービスで実績のある歩行機能トレーニングなど、脳卒中をはじめとした脳血管疾患がもたらす後遺症からの運動麻痺、手足の運動機能の改善のために開発されたリハビリメニューを提供いたします。

車椅子ではなく杖で歩けるように、杖がなくても自分の足で歩けるように。手芸や料理などを再び楽しめるように。少しでも介護に依存しない社会のために。

わたしたちは、脳梗塞の後遺症に苦しむすべてのみなさまのよりよい未来を気づくために、これから全力で邁進してまいりたいと考えております。