脳梗塞リハビリセンター名古屋

東海地区の1号店です。利用者様に寄り添ったサービスを提供します

『脳梗塞リハビリセンター』としては中京圏初出店となります。弊社のコンセプトでもある、生活期の方にも機能改善を目指せるサービスを提供することで、医療保険、介護保険の隙間を埋められる存在となることを目指します。

脳梗塞リハビリセンター名古屋の施設概要

住所 〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-23-18 ニューサカエビル8階
最寄り駅 地下鉄名城線・東山線 名鉄瀬戸線 栄駅 徒歩2分

地図アプリで開く

営業時間
毎週火・水・木・金・土曜日
9:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日: 月・日
電話番号 052-211-8615
FAX番号 052-211-8616
提供メニュー

身体リハビリ

言語リハビリ

訪問リハビリ

medi-VR

Re-Gait

施設の地図

施設の特徴

  • 理学療法士の技術を活かす最新のリハビリベッドや器材、鍼灸個室などパーソナルリハビリに適した空間設計です。

  • 近隣の病院や介護事業者と連携を取りながら、ご利用者様やご家族にとってよりよい生活を送っていただくためのサポートに努めております。

  • 脳卒中を熟知したリハビリスタッフ、鍼灸師、運動の3職種がチーム一丸となっておひとりおひとりのリハビリに取り組みます。

スタッフコメント

脳梗塞リハビリセンター名古屋 センター長
理学療法士(PT)
村谷 元気

今回は脳梗塞リハビリセンターに来られる方によく質問されることの中で、最も多い質問でもある、「ここではどのようなリハビリを受けられるのか」、「鍼灸師ってどんなことをするのか」、「トレーニングはどんなことをするのか」という質問に答えつつ、脳梗塞リハビリセンターにお越しいただいた際に、施術を担当する各職種の役割を説明させて頂きます。
まず、センターの施術は鍼灸治療、リハビリ、トレーニングすべてをパーソナルトレーニングにてマンツーマンで対応させて頂いています。その為、その方の訴えに合わせて個別性を出して対応させて頂いています。その中でも、リハビリでは病院を退院された生活期の方の身体状態に合わせ、「機能的な改善」に重きを置いています。その上で目標とする生活動作へと繋げることで、その方の生活をより豊かにすることを考えてリハビリに取り組ませて頂きます。
鍼灸治療では、なじみの深い人とそうでない人に大きく分かれ、なじみのなかった方は鍼灸で何をするのか?どんな意味があるのか?鍼を刺されるのはいたそうで怖いといった方が多いと思います。センターの鍼灸治療では、主に体を内部から診て施術を行います。脳血管障害を患った方は、麻痺した半身を庇い、良いほうの半身が頑張りすぎ、疲れやすい方や、姿勢が崩れてしまう方、痛みやしびれが出てしまう方、中には夜眠れない方、便秘気味な方など、生活する上での弊害が多くあります。それらを改善するために施術を行い、生活する上でのストレスを取り除いていくことに重きを置いています。これらの生活する上での弊害が取り除かれていくと、体を動かしやすくなったり、脳血管障害の再発を予防出来たりと、リハビリを行う上での障害も取り除くことが出来、リハビリ効果を最大限に引き出すことが出来ます。
トレーニングでは、リハビリの中で高めた身体機能を、実動作に繋げ、運動学習を図っていくことと、ご自宅で行って頂く自主トレーニングの指導とチェックを行っています。運動学習を図るためには、正しい姿勢で正しい動作を何度も繰り返す必要があります。リハビリの中でももちろん行いますが、限られた時間の中では十分に行き届かないこともあります。その為、リハビリの時はよかったのに家に帰ったら戻ってしまったという経験をした人も少なくないのではないかと思います。そのようなこと減らすためにも、このトレーナーの役割は非常に重要となります。
長々と各職種の役割を説明させて頂きましたが、名古屋センターは自分の体を良くしたいと本気で考えている方に全力でサポートさせて頂きます。興味を持たれた方は、気軽に初回体験、店舗見学の連絡を頂けたらと思います。スタッフ一同お待ちしています。

期間限定

カウンセリング付

特別プログラム体験

通常価格 5,000円 → 無料体験実施中