弛緩性麻痺

運動麻痺により身体を動かそうとしても筋肉を働かせることができず、麻痺側の身体が常にダランとしている状態です。脳卒中を発症して間もないときは弛緩性麻痺の状態のことが多いですが、徐々に回復してくる場合が多いです。運動神経の損傷の程度が大きいと時間が経っても弛緩性の状態が続くこともあります。

カウンセリング付

脳梗塞リハビリセンター
体験プログラム

通常価格 5,000円 → 無料体験実施中