60代/くも膜下出血/左片麻痺

を使って料理
できるようになった

手を使って料理ができるようになったの写真

改善内容

達成した目標

  • 料理の際に左手を使用できるようになっている

グーパー動作

グーパー動作の写真

バンザイ動作

バンザイ動作の写真

改善事例動画

リハセン式ステップアップメソッド達成項目

上肢

  • 緊張が上がらずに連続動作ができる
  • 動作に必要な可動域内で動かすことができる
  • 自動介助運動であれば筋緊張をコントロールできる
  • 抵抗を感じるが全関節を動かすことができる
  • ある程度の速度で動作を遂行することができる
  • 代償無く動作遂行ができる

下肢

  • 躓かずに足を振り出すことができる
  • 麻痺側下肢を空中でコントロールできる
  • 足首に柔軟性がある
  • 足が滑らない様に接地することができる
  • 疲れやすいが少しの休養で回復できる
  • その場で方向転換ができる
  • 手すりを使用すれば階段昇降ができる
  • 動作中に体幹が左右に傾かない
  • 支持なしで床のものが拾うことができる
  • 膝のクッション性を発揮できる

レビュー

基礎情報

年代60代
疾患名クモ膜下出血
発症からの期間1年8か月
症状左片麻痺、失認
リハビリ期間1年3か月
リハビリ目標料理の際に左手を使いたい
利用メニュー60日プラン
利用回数118回

当センターご利用までの経緯

  • 急性期病院にて1ヶ月、回復期病院にて5ヵ月入院し、平成28年10月より、当センターを週2回の頻度で開始される。

初回体験時の状況

  • 肩に痛みがあり、左手を自主的に動かす意思がもてなかった。
  • 体幹の状態が非常に悪く、手を前に持ってくることが困難だった。

リハビリ内容

  • まずは左肩の痛みの軽減を第一優先にリハビリを行った。
  • その後、左肩の動かし方を指導しながら、実際に料理を想定して何かを掴むという行為を目標に、手を握ることができるような訓練を行っていった。
リハビリの写真
リハビリの写真
リハビリの写真
リハビリの写真

改善内容

  • 手で物をつまむことが可能となってきており、ゴミ袋を縛るなどの行為ができるようになった。
  • 感覚障害も改善傾向であり、身体を触られたときの感覚が戻りつつある。
  • 調理の際に左手を使えるようになってきた。
  • 物を切るときなどに、手で押さえることができるようになってきた。
  • 12カ月でBr.stage上肢Ⅲ→Ⅴに改善

担当セラピストのコメント

担当セラピストの写真

発症後6カ月で当センターにて約8カ月身体リハビリを行ったケースです。

日常生活は自立していましたが、痺れやふらつきもあり積極的に外出することができませんでした。

痛みや痺れの改善が重要であった為、優先的に施術を行いました。それにより、趣味であった山登りや調理などが行えるようになり、卒業になりました。

私たちにお任せください!脳梗塞・脳出血の専門家による
完全マンツーマンリハビリ

ご本人・ご家族の
お悩みに丁寧に寄り添い
徹底的にリハビリをサポートします。

脳梗塞・脳出血などの後遺症、
どこまで改善するか
プロがお伝えします。

どれくらい改善する?
いつまでに改善する?

初回カウンセリング付き特別プログラム体験

 1回2時間5,000(税抜)

カウンセリング結果を
お渡しします!