「覚醒させる」鍼灸

東大病院も実践している鍼治療を行っている写真画像

WHO(世界保健機関)から効果が認められている鍼灸は、各大学病院などでも脳梗塞の後遺症に対するリハビリへの応用が始まっています。

脳を「覚醒させる」手法により、脳と身体の繋がりを再び取り戻します。

※近隣の鍼灸院で実施します。

ポイント
  • WHO(世界保健機関)でも脳梗塞・脳出血の後遺症に対して効果が認められている鍼灸を用いたリハビリを受けられます。
  • 脳血管疾患後遺症の臨床経験を積んだ鍼灸師が、鍼灸による刺激で脳を「覚醒させる」オリジナルの手法を取り入れています。
  • 理学療法士、作業療法士と連携した鍼灸は当センター独自の手法。ご利用者さまの症状に合わせた鍼灸施術を行います。

WHO(世界保健機関)でも、脳血管疾患後遺症への効果が認められている鍼灸を取り入れたリハビリプログラムを提供しています。

東京大学医学部付属病院などの国立病院の写真画像

鍼灸はさまざまな疾患に効果があると言われていますが、脳梗塞・脳出血などの脳卒中についても効果があるとWHO(世界保健機関)からも認められている手法になります。

一部の国立大学などでは実践が進められているものの、多くの病院では取り入れられていない鍼灸を用いた当センターのリハビリは、麻痺のみならず関連するさまざまな症状にアプローチしていきます。

WHO(世界保健機関) が鍼灸療法の有効性を認めた疾患】
神経系疾患 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分秘系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

脳梗塞・脳出血後遺症の臨床経験を積んだ鍼灸師が、脳を「覚醒させる」アプローチを中心に、後遺症が引き起こすさまざまな身体の問題全体をとらえた施術を行います。

「覚醒させる」鍼灸

人間の身体が動く仕組みは、脳と密接に関わっています。脳は、手足などの各部位の運動を司る担当が別れていますが、各々が神経を通じて各部位と繋がっており、鍼灸によって神経の繋がりを活性化させることで、脳を刺激し身体の動きを促すことを狙います。

また、後遺症による麻痺は、手足が動かない問題だけではなく左右のバランスがないことによる身体の負担が体全体の疲労やストレスにも影響を及ぼします。

ご利用者さまの後遺症の症状と、その日の体調までも見極めながら疲労を取り除き、継続したリハビリが可能な身体をつくるための施術も行うことで、後遺症のもたらす問題全体へアプローチを行います。

麻痺の改善のイメージ画像 麻痺の改善のイメージ画像

理学療法士・作業療法士と連携し、病院や介護施設にはない、オリジナルの鍼灸リハビリを受けることができます。

「覚醒させる」鍼灸

鍼灸はさまざまな疾患に効果があると言われていますが、脳梗塞・脳出血などの脳卒中についても効果があるとWHO(世界保健機関)からも認められている手法になります。

一部の国立大学などでは実践が進められているものの、多くの病院では取り入れられていない鍼灸を用いた当センターのリハビリは、麻痺のみならず関連するさまざまな症状にアプローチしていきます。

【鍼灸師とセラピストの連携例】 【鍼灸師とセラピストの連携例】

治療方法の取り組み例(パルス鍼を取り入れたリハビリ)

「覚醒させる」鍼灸

当センターでは、さまざまな施術方法の研究を進めていますが、そのうちのひとつにパルス鍼があります。 理学療法士・作業療法士と連携しながら、筋弛緩が起きている麻痺した手足のツボへ鍼を通じて電流を流すことで、刺激を与えて筋緊張を高めることで、リハビリ、トレーニングの効果をより高めます。

脳血管疾患後遺症で行う鍼灸は健康保険適用範囲外です。

鍼灸のイメージイラスト

健康保険を利用して受けられる鍼灸治療は、6種類の疾患(神経痛、腰痛症、リュウマチ、五十肩、頚腕症候群、頚椎捻挫後遺症)にしか認められていません。

近隣の鍼灸院で提供するサービスは、自費サービスになるため、脳梗塞の後遺症に悩まれているみなさまにも自由にご利用いただくことが可能です。

資料請求
ナビタスクリニック
東京大学医科学研究所
日本脳卒中協会