当センターの目指すもの

家族の集合写真

脳梗塞リハビリセンターは、脳梗塞の後遺症を患った方々が十分なリハビリを受けられていない実態への問題意識からスタートしました。

目指すのは、「リハビリ難民」とも言える脳梗塞後遺症を抱える方々、そしてそのご家族の方々の「笑顔」です。

設立の背景

介護が必要になる主な原因の構成割合のグラフ画像

現在の日本では脳梗塞を発症する患者が年々増え続けています。脳梗塞や脳出血を含む脳卒中は、日本では死因の3位、介護の原因となる病気の1位にもなっています。

近年では特に脳卒中の中でも脳梗塞が多くの割合を占めるようになっているため、脳梗塞の後遺症に対するリハビリサービスのニーズは、今後高齢化とともにますます高まることが確実となっています。

その一方で、現在の日本のリハビリサービスには、下記3点の課題があると言えます。

課題1:徹底して行うリハビリサービスが圧倒的に不足している

脳梗塞患者が乗っている車椅子を押しているイラスト画像

脳梗塞患者のほとんどは、 2006年の診療報酬改定により、 脳血管障害では150日、 高次脳機能障害を伴った重篤な脳血管障害では180日までしか保険が適用されなくなってしまったため、リハビリが十分でなくとも退院をせざるを得ないケースが非常に多くなってしまっているのが現状です。

また、入院中のリハビリは、 急性期リハビリ、回復期リハビリと言われる基本的な生活を送るための、最低限の機能回復を目指したリハビリに主眼が置かれています。

そのため、病院をはじめとした 医療機関でのリハビリは、「車いすのような補助器具を用いる前提の歩行」がリハビリの目標にとどまってしまい、必ずしも積極的に「自分の足で歩けるようになる」ことを目指すものではありません。

また、退院後のリハビリ施設の中心となる介護施設、老人施設などが提供するリハビリサービスも、「これ以上悪化させない」という維持が主な目的であることからレクリエーション的なメニューが大半を占めています。

現在の日本では、「本格的に自分の足で歩けるようになる」ことを目指したリハビリサービスが圧倒的に不足しているのです。

課題2:徹底したリハビリを続けられるサービスの存在があまり知られていない

脳梗塞患者が悩んでいる画像

脳梗塞患者の中には、自宅に戻っていつもの生活に戻ってからも、後遺症に悩みつつも、回復できる可能性に気づかぬままに生活を送られている方々が非常に多いのではないでしょうか?

脳梗塞になってしまった方々は、一般的に「脳梗塞になってしまったのに命が助かって良かった」「命が助かったのだから歩けなくなるのは仕方がない」「早く住み慣れた家に帰りたい」という意識が強く、 可能性を追求していくリハビリサービスの存在を知らないまま生活を続けられている方が非常に多いようです。

脳梗塞の後遺症からのリハビリは、少しでも早くリハビリを行い、長期的に継続していくことで、機能回復への可能性が開かれるにも関わらず、本当に必要な啓発が充分になされてるとは言えません。

課題3:医療、介護保険などの既存の制度は、必ずしもニーズに応えきれていない

脳梗塞患者がリハビリをしているイラスト画像

保険適用で提供できるサービス内容は、健康保険法や介護保険法で決められています。

しかし、たとえば鍼灸を用いた手法など、脳梗塞に対する効果的なリハビリテーションは日々研究が進められ、新しい手法が生み出されているにも関わらず、 必ずしも先進的な手法が、リハビリサービスの現場では提供できていないのが現状です。

また、前述の通り、医療保険制度により病院でのリハビリは180日間の制限があることのほか、介護保険においても申請から介護認定の取得までに30日程度日数がかかってしまうため、脳梗塞の後遺症に対するリハビリサービスを求める人々が、必要なタイミングで自由にサービスを利用できる状態にあるとは言えません。

保険適用かどうかに関わらず、期間の制限を受けることのない良質なリハビリサービス求めているのは、誰よりも脳梗塞の後遺症に悩まれているご本人、そしてご家族の方々であると私たちは考えています。

以上のようなリハビリサービスの課題が、 結果的にいわゆる「リハビリ難民」を多く生み出しているのです。

脳梗塞の後遺症の程度は人によってさまざまであり、必ず後遺症が治るとは一概に言えません。しかし、改善の可能性が充分に追求されず、後遺症からの回復を諦めざるをえない状況はあってはならないことだと考えます。

私たちは、脳梗塞患者さま、そしてそのご家族が抱えるこうした課題に真剣に取り組むために、新たな施設の立ち上げを決意いたしました。

脳梗塞リハビリセンターが実現したいこと

脳梗塞患者が家族に見守られてリハビリをしている写真画像

私たちは、脳梗塞リハビリの課題を解決していくことで、脳梗塞患者さまが脳梗塞の後遺症でもっとも多い片麻痺、半身麻痺をはじめとした運動機能障害、歩行機能障害を乗り越え、 少しでも「自分の足で歩く喜び」を感じていただくこと、そして、周りのご家族や近親者の方々がご本人とともに心から喜ぶことができる生活を取り戻すお手伝いをしたいと考えております。

私たちのミッション

私たちは、脳梗塞の後遺症に苦しまれている方々が
後遺症を乗り越え、
「自分の足で歩くことができる喜び」
を創出する存在であり続けます。

家族がリハビリしている脳梗塞患者を笑顔で応援している画像

脳梗塞患者さまとそのご家族・近親者の方々が抱えるお悩みに丁寧に寄り添い、少しでも「自分の力で歩くことができる喜び」を感じていただくことに最大限努めます。

家族で歩いている写真画像

脳梗塞の後遺症に対するリハビリ技法の研究をさらに進め、よりいっそう技術力の向上に取り組みます。

脳梗塞患者がリハビリをしている写真画像

脳梗塞後遺症に対するリハビリの可能性をより多くの方に知っていただき、「リハビリ難民」に満ちあふれている社会を変えていきます。

脳梗塞患者が女性に支えられて車椅子から立ち上がった写真画像

運営会社の目指すリハビリ

株式会社ワイズのロゴ画像

脳梗塞リハビリセンターを運営する株式会社ワイズは、後遺症で悩まれている方々が、夢や目標を諦めずに、自由にリハビリを受ける機会を創るため、挑戦を続けています。

第3の選択肢

~ロゴに込めた想い~

脳梗塞リハビリセンターのロゴ

「信頼できる場所」であることを示すシンプルなモチーフには、「人と人が助け合う」形を表現したフォルムを用いています。 重なりあう2つのフォルムは「ハート=愛情」のこもったサービスを提供していく意志を表しています。

資料請求
ナビタスクリニック
東京大学医科学研究所
日本脳卒中協会