「定着させる」トレーニングプログラム

本格トレーニングが融合したリハビリのイメージ画像

脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患後遺症のためのトレーニングプログラムは、理学療法士・作業療法士のノウハウも取り入れています。

器材と手技をご利用者さまの体力によって使い分けながら、身体の動かし方を脳にしっかりと「定着させる」仕組みがあります。

PT・OTが学習させた身体の動かし方を、脳に「定着させる」トレーニングを行います。

トレーニングの様子

脳梗塞リハビリセンターでは、PT・OTの評価にもとづき、身体の動かし方を脳に「定着させる」ことを狙ったトレーニングを行います。
当センター独自の評価メソッドにもとづき、PT・OTの施術によって取り戻した姿勢の維持の仕方、手足の動かし方を、日常生活で再現するために必要な筋肉・関節の使い方を繰り返し行います。

必要に応じ自宅で可能なトレーニング課題もお渡ししていますので、施設外での訓練を継続的に行っていただくことで、よりリハビリ効果を高めることが可能です。

理学療法士・作業療法士によるリハビリ

トレーニングの様子

正しい姿勢の保持や身体の動きを、繰り返し再現

足のリハビリの様子
歩行訓練の様子
腕のリハビリの様子

ご利用者さまの症状や体力に合わせ、さまざまな器材も用いて必要な部位を効率的に鍛えます。

レッドコードを用いたトレーニングの様子

正しい身体の使い方を定着させるためには、体幹のバランスを正しく維持することができる筋力が必要になります。

さまざまなトレーニング機材を用いることで、ご利用者さまの状態や体力に合わせて、必要な筋力を効率的に鍛えることができます。

バランスボールを用いたリハビリの様子
足のリハビリの様子
リハビリに用いる機材の画像
資料請求
ナビタスクリニック
東京大学医科学研究所
日本脳卒中協会