50代/脳出血/右片麻痺

歩行器
歩けるようになった

歩行器で歩けるようになった

改善内容

達成した目標

歩行器で見守り歩行が可能、車椅子でトイレ動作自立

リハセン式ステップアップメソッド達成項目

基礎(体幹)

座位保持
体が前後へ傾かない
体幹・骨盤が回っていない
起き上がり
麻痺側の足の裏が浮かない
体幹と骨盤が連動して動く
立位保持
体幹が左右へ傾かない
立ち上がり
前方への十分な体重移動が出来ている

下肢

装具・杖両方使用での歩行
非麻痺側上肢での支持があれば麻痺側への荷重が可能
装具または杖使用での歩行
股関節を伸ばす可動域が十分にある

レビュー

基礎情報

年代
50代
疾患名
脳出血
発症からの期間
7年
症状
右片麻痺
リハビリ期間
1年2か月
リハビリ目標
自宅内での歩行移動獲得
利用メニュー
60日プラン
利用回数
81回

当センターご利用までの経緯

  • 回復期病院退院後、介護保険でのリハビリを続けていたが、より機能改善を望み、ケアマネージャー様の紹介にて当センターに来られる。

初回体験時の状況

  • 右半身の失調と、重度の感覚障害、複視があり体幹をまっすぐに保てない状態だった。
  • 起き上がりやベッドなどに座った状態を保つことは一人でできるが、立ち上がりの際に全身の揺れてしまい、右足の内反、足全体の突っ張りが強くなってバランスを崩してしまう。
  • 歩行動作では左足を出す際に体幹の崩れが強くなるため、介助なしでは歩行できなかった。

リハビリ内容

  • 眼と頭と体幹、および手や腕と足の協調性を促すことを狙った。
  • 体幹の個々の動きや足で地面を踏んでいる感覚を促し、立位バランスを保つことを狙ったアプローチを行った。

改善内容

  • 眼振が軽減された。
  • 手すりのある環境であれば安定して起立できるようになり、着座と歩く動作が改善された結果、車椅子でのトイレ動作が一人でできるようになった。
  • 馬蹄形歩行器を用いれば、見守りで歩行可能となった。

担当セラピストのコメント

担当セラピストの写真 担当セラピストの写真

自宅での自主リハビリを確実にこなしてきたことと、良くなりたいという継続した意思が改善に繋がったと考えます。

またご利用者さまとセラピストの間で、自宅環境での状況を小まめに共有し、トイレ動作の手順や食事時の椅子の設定、普段生活する中での注意点(例えば右側に棚がある環境を用意する)など、訓練で改善してきた部分を生活場面での実践につなげたことが改善に繋がったと思われます。

特別プログラム体験
ナビタスクリニック
東京大学医科学研究所
日本脳卒中協会
歯医者さんが自宅に来てくれる!