80代/脳梗塞/失語症、高次脳機能障害

言葉がでやすくなって、
会話ができるようになった

言葉がでやすくなって、会話ができるようになった

改善内容

達成した目標

家族や近所の方とコミュニケーションをとれるようになった

レビュー

基礎情報

年代
80代
疾患名
脳梗塞
発症からの期間
1年7か月
症状
失語症、発語失行、高次脳機能障害
リハビリ期間
1年
リハビリ目標
もっとしゃべれるようになる
利用メニュー
言語リハビリ
利用回数
57回

当センターご利用までの経緯

  • H28.7.15心原生脳梗塞発症。
  • 急性期に1カ月、回復期に4カ月入院。
  • 言語聴覚療法を受けられていた。
  • H28.1.8より当センターにて週1回、言語聴覚療法を開始。

初回体験時の状況

  • 聴理解は単語・短文で8割程度の理解。
  • 難しい内容になると理解が困難。
  • 読む側面は他の側面に対して保たれていた。
  • 書字命令の複雑なものになると困難。
  • 書く側面は意味と字が結びついておらず、書字の得点が単語レベルから低かった。
  • 聴覚的に提示した単語はかな、漢字が7~8程書けるが、短文になると書けない状態。

リハビリ内容

  • 発語失行、失語症により思った言葉がでない、違う言葉がでてしまう、書けないということに対して、意味と文字とのマッチング、かなの書字・音読訓練、また、聴理解の訓練を行いました。
  • 話す機会が少なく、失語症によりコミュニケーション意欲も低下していたので、ご近所のかたとの挨拶や家族との交流を通じてコミュニケーション向上にも取り組みました。
リハビリの写真
リハビリの写真
リハビリの写真
リハビリの写真

改善内容

  • 発話の呼称、動作説明、漫画の説明が改善し、当初の目的である会話が少しずつできるようになった。
  • 読む側面では、書字命令の改善が見られた。
  • 書く側面においては、単語の書字、耳から聞いたかな一文字、単語の書き取りの改善がみられた。
  • 発話呼称が10%→40ほどに改善、動作説明が20%~50%に改善、漫画の説明が20%~60%に改善。
SLAT(標準失語症検査)の結果(2017年4月28日~8月11日)

担当セラピストのコメント

担当セラピストの写真 担当セラピストの写真

発語、書字ともに失語症、発語失行ともに障害されていいたため、家族とのコミュニケーションをとることが難しく、ご本人も伝えたいことが伝えられずにいました。

発話に改善により、散歩の際のちょっとした挨拶や会話ができるようになり、家族ともふいに話す機会が増えるなどコミュニケーションをとれるようになり、笑顔が増えました。

発語失行の改善と失語症の単語レベルや短文レベルの発話の改善、書字を通じた言語機能の改善によるものと考えられます。

特別プログラム体験
ナビタスクリニック
東京大学医科学研究所
日本脳卒中協会
歯医者さんが自宅に来てくれる!