脳梗塞リハビリセンター赤坂

赤坂センターは、都内の中心に位置し、溜池山王駅から徒歩2分、赤坂駅から徒歩5分の位置にあり、各方面からのアクセスが非常に良い場所です。また、通常のリハビリ施設としての機能に加えて、リハビリロボットや最新のリハビリ器具が体験できる研究・研修センター機能も備えております。

施設概要

施設概要
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂2-12-10 HF溜池ビルディング1階
最寄り駅 銀座線・南北線 溜池山王駅 徒歩2分
千代田線 赤坂駅 徒歩5分
営業時間 毎週 月曜日,金曜日 9:00~19:00(最終受付18:00)
電話番号 03-5545-5468
FAX番号 03-5542-0786
鍼灸師
責任者
石上 邦男
開設時期 2018年 11月

施設

施設外観
必要な機能がシンプルに盛り込まれたリハビリルーム

必要な機能がシンプルに盛り込まれたリハビリルーム

理学療法士の技術を活かす、最新のリハビリベッド。

理学療法士の技術を活かす、最新のリハビリベッド。

鍼灸は2名の方が同時に利用できます。

鍼灸は2名の方が同時に利用できます。

言語聴覚療法が可能な個室完備。

言語聴覚療法が可能な個室完備。

ご家族もいらっしゃる際など、広いカウンセリング室があります。

ご家族もいらっしゃる際など、広いカウンセリング室があります。

リハビリの最新機器のショールームもございます。

リハビリの最新機器のショールームもございます。

ここがアピールポイント!

特徴1
様々なリハビリロボットや機器の体験が可能

様々なリハビリロボットや機器の体験が可能

生活期リハビリにおいて有効と考えられる機器を選定し、随時入れ替えながら体験できる場(ショールーム)となっています。ロボットやリハビリ器具の体験は、それぞれの後遺症の状況により向き・不向きもあるため、事前予約及びカウンセリングの上、実施しています。

特徴2
パーソナルリハビリに適した空間設計

パーソナルリハビリに適した空間設計

それぞれ独立したカウンセリングルーム、鍼灸ルーム、リハビリスペース、STルームを配備し、パーソナルなリハビリを行える環境を実現しています。立つことがまだ不安定な場合に天井走行式のリフトを用いての歩行訓練も行えたり、また、自宅などの環境に合わせた訓練をするために、畳、フローリング、絨毯を再現した床を設置していたり、個々人の症状や自宅環境に応じて適切なリハビリが行えるよう設計しています。

特徴3
脳卒中を熟知したスタッフが揃う

脳卒中を熟知したスタッフが揃う

リハビリスタッフ、鍼灸師共に脳卒中を熟知したスタッフが揃っています。センター長は初台リハビリテーションセンターで10年以上のリハビリ実績を積んでおり、その他のスタッフも全員が数年間脳卒中のアプローチの経験を有しています。研修会も個々人で参加し自己研鑽に努め、その知見を施設全体で共有し、スタッフ全体で高いレベルのアプローチを行います。

施設長コメント

脳梗塞リハビリセンター赤坂センター長
理学療法士

福田俊樹

脳梗塞リハビリセンター赤坂センター長理学療法士福田俊樹

あなたの最も近い存在になりたい

脳梗塞はある日突然起こるご病気です。病気を発症された方は、総合病院に入院し、医学的な対応が落ち着き次第、回復するためのリハビリ病院へと転院します。リハビリ病院では最大発症から半年までの期間リハビリを行い、その後退院となり、日々の生活を送りながらのリハビリとなります。
半年、と聞くと長く感じるかもしれませんが、実際はあっという間に過ぎていきます。毎日のリハビリ、退院に向けての準備などを行っているといつの間にか退院時期となり、そこで初めて今後、どこまで良くなるのだろうか、どうしたらいいのだろうかと考える方も少なくはありません。

当センターでは病院を退院された方にとって、最も近い存在になれるように今までの経過、望んでいること、現時点でのお身体の状態などを知るためにお話や専門的な評価をさせていただきます。また、望んでいることを達成する為に、今のお身体はどんな状態なのか、何をするべきか、どのくらいの期間がかかるのかをご説明致します。その上で目標を達成するためにどの様にしていくかご相談していければ幸いです。

実際の施術内容は脳梗塞後遺症者の施術経験が豊富なスタッフにより心身のベースラインを整える鍼灸、活動する上で基盤的な姿勢や運動のコントロールから介入するリハビリ、より活動的に動けるためのアクティブな訓練である運動メニューをマンツーマンにて行います。また、最新の医療機器を用いた介入や評価にてより効果的に施術を進めていきます。より良いサービスを提供できる様にするため、日々、技術的な研鑽や医療機器の試用など積極的に行っています。
特別体験プログラムではこれらのことを体験出来ますので、現状や今後に不安がある方は是非お越しいただければと思います。スタッフ一同あなたの最も近い存在になれることを目指してお待ちしております。

もっと読む

【活動】

脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ
http://iairjapan.jp/ccra/

【著書】

福田俊樹: 脳卒中慢性期のリハビリテーションメソッド起き上がり編、地域リハビリテーション13(7-12)、 2018、三輪書店。

【内容】

慢性期に関わるリハビリセラピストに向けて起き上がり動作の包括的な評価、介入方法の紹介。

『地域リハビリテーション 13巻』の購入はこちら

脳梗塞リハビリセンター赤坂までの経路(エレベーター経路)

東京メトロ銀座線、南北線、丸ノ内線 溜池山王駅からの道順 7番出口

東京メトロ銀座線、南北線、丸ノ内線からの道順 7番出口

最短ルートは11出口となります。11番出口のエレベータを上がり、(QBハウスを左に見ながら)ローソンを目指して歩き、道の切れ目で道路を渡ると到着します。※途中、駅構内で昇降機またはエスカレーターを使うルートとなります。エスカレーターのみで地上まで上がるルートは下記となります。

改札を出て、右手方向にあるマツモトキヨシの左脇へと進みます。

1改札を出て、右手方向にあるマツモトキヨシの左脇へと進みます。

エスカレーター右にあるエレベーターへとつながる通路を進みます。

2エスカレーター右にあるエレベーターへとつながる通路を進みます。

エレベーターよりB1へ上がります。

3エレベーターよりB1へ上がります。

南北線改札口を通り過ぎ、進みます。

4南北線改札口を通り過ぎ、進みます。

スターバックスの手前にあるエレベーターで、地上へあがります。

5スターバックスの手前にあるエレベーターで、地上へあがります。

右手方向の大きなビルの方面へ進み、信号を渡り左手の道を進みます。

6右手方向の大きなビルの方面へ進み、信号を渡り左手の道を進みます。

地下鉄階段出口に沿って進みます。

7地下鉄階段出口に沿って進みます。

地下鉄のエスカレーターの前の横断歩道を渡り、右に曲がって進みます。※こちらのエレベーターは、途中昇降台を用いれば利用可能です。

8地下鉄のエスカレーターの前の横断歩道を渡り、右に曲がって進みます。※こちらのエレベーターは、途中昇降台を用いれば利用可能です。

株式会社ワイズの看板が見えますので、ビルにお入りいただき、左手の入り口からお入りください。

9株式会社ワイズの看板が見えますので、ビルにお入りいただき、左手の入り口からお入りください。

東京メトロ千代田線 赤坂駅からの道順

東京メトロ千代田線 赤坂駅からの道順
ホームエスカレーターから改札階へ上り、赤坂サカス側の改札を出て右手方向のエレベーターへと進みます。

1ホームエスカレーターから改札階へ上り、赤坂サカス側の改札を出て右手方向のエレベーターへと進みます。

エレベーターより地上へ上がります。

2エレベーターより地上へ上がります。

正面左手方向にある信号を渡り、左側を直進します。

3正面左手方向にある信号を渡り、左側を直進します。

セブンイレブンの手前を右に曲がり、進みます。

4セブンイレブンの手前を右に曲がり、進みます。

交番手前の信号を渡り、交番前の道を進みます。

5交番手前の信号を渡り、交番前の道を進みます。

株式会社ワイズの看板が見えますので、ビルにお入りいただき、左手の入り口からお入りください。

6株式会社ワイズの看板が見えますので、ビルにお入りいただき、左手の入り口からお入りください。

車でお越しの方へ

お車でお越しの際は、お手数ですがお近くのパーキングをご利用下さい。

東京メトロ千代田線 赤坂駅からの道順

①MTG赤坂2丁目駐車場

私たちにお任せください!脳梗塞・脳出血の専門家による
完全マンツーマンリハビリ

ご本人・ご家族の
お悩みに丁寧に寄り添い
徹底的にリハビリをサポートします。

脳梗塞・脳出血などの後遺症、
どこまで改善するか
プロがお伝えします。

どれくらい改善する?
いつまでに改善する?

初回カウンセリング付き特別プログラム体験

 1回2時間5,000(税抜)

カウンセリング結果を
お渡しします!