用語集

介護予防

介護予防とは、元気な人が介護が必要な状態にならないように、また、介護が必要な場合も、できるだけ独力で機能を維持・改善していくための取り組み全般のことをいいます。

日本は世界でも類を見ないほど高齢化社会が進展してきており、2025年には国民の3人に1人が高齢者になっているという試算があり、保険財源の問題など、いかに医療費を抑制していくかということが、今後の日本の非常に重要な政策課題になっています。

介護が必要になるケースをいかに抑制していくかという観点だけでなく、人々が高齢になってもいつまでも元気で生活できるかどうかは、高齢化社会ならではの人間の生き方にとって大切なテーマといえます。それらの問題を解決するために、若いうちからの食生活や運動など生活指導や啓発活動、そして要介護になってからも多くの方が求めるリハビリテーションの普及がこれからの日本には増々必要になってきます。

資料請求
ナビタスクリニック
東京大学医科学研究所
日本脳卒中協会